2016/03/14

スナップエンドウ

スナップエンドウとは、1970年代にアメリカから導入された品種で
その原型は世界最古の豆といわれる『エンドウ豆』です。
当時はスナックエンドウと呼ばれていましたが、農林水産省によって1983年に
スナップエンドウと呼ぶ事が奨励されました。

スナップエンドウは、グリンピースを改良したもので、
成長してもさやごと食べられるものになっています。

『スナップ(snap)』は『ポキッと折る、パチッという音』という意味を持っています。

旬は3月から6月でβ-カロテン、ビタミンC、カリウム、カルシウムなど栄養のバランスも良く、
さやごと食べる事で食物繊維もしっかりとる事が出来ます。

花山うどん本店お食事処ではスナップエンドウを天ぷらにして
『鬼ひも川と季節の天ぷらセット』でご提供致します。
シャキシャキな食感と甘みをお楽しみ下さい。

飲食部 木村

 

20160310怜美さん