ブログ

2016/04/18

花山うどんレトロ館_No.6_昭和中期?の絵皿

花山うどんの古い写真、道具、エピソードなどを少しずつ紹介いたします。

* * * * * * * * * * * * * * * *

 

日本画の大家、小室翠雲が花山うどんのために描いた絵柄の絵皿です。

翠雲の原画をもとに、おそらく何かの記念品として作った絵皿だろうとのこと。
倉庫整理で1枚だけ発見され、駅前の直営お食事処に飾っています。

(※画像をクリックすると拡大表示になります。)

20160418小室翠雲絵皿

 

小室翠雲について詳しくはウィキペディア等、ご参照ください。

翠雲は1874年(明治7年)生まれ、生家は館林市本町一丁目。
花山うどんは1894年(明治27年)創業、所在地は館林市本町二丁目。

同世代だった二代目 橋田藤吉が、若かりし翠雲に依頼して描いてもらった風景画には、
館林のシンボルである群馬県立つつじが岡公園が描かれています。
つつじが岡公園は、地元では「花山公園」の愛称で呼ばれており、花山うどん社名の由来です。

残念ながら直筆の原画は発見できていないのですが、
絵皿のほかに、この絵柄をもとにした商品パッケージやリーフレットがたくさん残っています。

 

 

◆昭和初期の「花山ひも川」パッケージ (※画像をクリックすると拡大表示になります。)

20160418昭和初期ひも川パッケージ

 

◆昭和中期~後期のステッカー (※画像をクリックすると拡大表示になります。)

20160418小室翠雲ステッカー

 

◆平成20年頃の<復刻版>リーフレット (※画像をクリックすると拡大表示になります。)

20160418小室翠雲リーフレット

 

◆こちらは現役の商品、特製花山うどん

20160418特うどんパッケージ.jpg

 

◆こちらは現役の商品、半生うどん(つつじまつり期間限定・館林限定)

20160418半生うどんs