2014/10/20

2012夏 五代目のうどん談義

(こちらは2012年夏カタログに掲載されたものです。)

 

昨日よりもおいしいうどんを目指して日夜奔走する

五代目 橋田高明が「花山うどんの今」を語ります。

 

 

お客様にもっと食の楽しさを知ってほしい

 

 

 dangi_2012s_1 dangi_2012s_2

 

―昨年は、麺ー1グランプリをはじめ様々なイベントで受賞しましたね。

 

お客様の舌に叶ううどんが提供できたと思うと、感激もひとしおです。館林では2年前から、民話「分福茶釜」にちなみ、市内の各うどん店で「分福茶釜の釜玉うどん」を提供しています。半熟玉子と館林発祥の正田醤油を使用し、店舗ごとに創意工夫して味を競っています。お食事処花やまでは、「分福茶釜の釜玉うどん」、麺ー1で受賞した「つけ釜玉うどん」など、3種類の釜玉うどんをご賞味いただけます。

 

―花山うどんの釜玉うどんはどんなものですか。

 

群馬県産小麦を100%使用し、夏は冷たくしてのど越しよく、冬は温かくしてもっちりと、最高の状態でお召し上がりいただけるよう、季節に応じて麺の太さや小麦の配合を調整しています。おいしいうどんを作るのは当然のことですが、お客様にもっと食を楽しんでいただきたいと考え、 愛嬌のあるタヌキの器を採用しました。ふたを開けたら具だくさんのうどんが現れる。そんな小さな驚きと発見をお楽しみ下さい。

 

 dangi_2012s_3

 

―小麦の新品種に注目しているそうですが。

 

「さとのそら」は、国産小麦にはなかった冴えたクリーム色と上品な味わいが特長です。昨年開催された展示会で、「峠の釜めし」で知られる、おぎのやの営業担当の方と意気投合し、さとのそらを配合した半生うどんを置いていただくことになりました。群馬の食文化を継承する者同士、力を合わせて盛り立てていきたいと思います。

 

―「最高級」のパッケージが変わりましたね。

 

かねてから、より衛生的で安全な包装にしたいと考えていました。お客様からのご意見も参考にして、カラフルな丸束から純白の和紙袋に一新しました。麺の味と形状はそのままですが、強度が高く、開封しやすくなったと評判も上々です。責任持って品質管理している証として、五代目である私の名前を入れました。シンプルなデザインなので、季節やシーンを問わずご利用いただけるのではないでしょうか。

 

―この夏、おすすめのギフトは何ですか。

 

夏にしかお届けできない漆黒の詰め合わせです。漆黒は私が幼い頃、三代目である祖父が作ってくれた思い出のうどんから生まれた商品です。国産小麦を丸ごと石臼で挽いているので、小麦のビタミンやミネラル、食物繊維等がたっぷり詰まっていて、噛みしめるほどに小麦の風味や旨味をお楽しみいただけます。この夏は、漆黒に素麺が登場します。漆黒うどんと素麺の2種類をセットにしたヘルシーなギフトは、大切な方や健康志向の方への贈り物にも自信を持っておすすめします。