2019/05/04

麺1グランプリ【熟成蔵囲い昆布だし 和の中華そば】

極めたくなりまして。


2016年秋の麺1グランプリ。
「うどん屋が本気で作る中華麺」として麺1限定でご提供した【和の塩そば】

大変ご好評を頂き、優勝の評価を頂きました。
最高の達成感でした。



しかし、職人の本能なのでしょうか、野心なのでしょうか。


極めたくなりまして。


2016年の中華麺よりも更に旨い中華麺を作りたくなりまして。


作ってみました。


驚くほど旨いんです。


・・・これは皆様に是非食べて頂きたい!!



前回は、うどん屋の得意技【出汁】を主役に、誤魔化しの効かない【塩】で仕上げましたが

「この麺なら【醤油】だな。」 直感しました。


醤油は出汁と並んでうどん屋の得意分野ではありますが、
醤油ラーメンは、佐野ラーメンをはじめとして両毛地域で昔から皆様に愛される味。


定番中の定番。

ライバルだらけ。


・・・あえてそこに挑みたい!!!!


【どこの店よりも旨いものを作って、お客様に喜んでもらいたい。】 この意欲が止められません。


中華麺に日本の小麦を使用する事でより小麦の味がし、
うどん店専門店ならではの技法で中華麺を製麺する事で独自の食感を生み出します。

具材のチャーシューは【群馬県産麦豚】の肩ロースを使用しております。
じっくりと旨み醤油で煮込んだ柔らかさが特徴です。
具材はチャーシュー・たまご・穂先メンマ・小ネギ。
ド定番にすることで、それぞれの具材の質と、主役である麺・スープを際立たせました。

スープは、専用の昆布蔵で1年から2年3年と寝かされ、昆布臭や磯臭さを取り除きうま味を増した
『蔵囲い昆布』を贅沢に使用し、化学調味料に一切頼らず素材本来が持つ旨みだけで美味しさを引き出しました。
蔵囲い昆布の他にも、丸鶏、豚ゲンコツなど、生産者のこだわりが込められた沢山の素材をじっくり仕込んでいます。

こだわりはどれだけ語っても語り尽くせませんので、一言にまとめますと、

「食べれば分かります」


麺の職人&料理人の本能と野心と技術の結晶【熟成蔵囲い昆布だし 和の中華そば】
5/5(日)、5/6(月)、麺1グランプリでご賞味ください!

五代目 橋田 高明

 

 

麺-1グランプリin館林 公式サイト http://www.t-cci.jp/men1/