2016/08/22

花山うどんレトロ館_No.7_昭和7年の感謝状

花山うどんの古い写真、道具、エピソードなどを少しずつ紹介いたします。

* * * * * * * * * * * * * * * *

 

倉庫から出てきた感謝状です。
発見した五代目の第一声は 「おお!読めない!!」 でした。
ガラスを磨いてなんとか読めるように、、、、、読め、、る、、、かな?!
スタッフ数人が集まり、学生時代の古文の勉強のようだね、などと話しながら解読。
「誠ニ辱ナク茲ニ」が最難関でした。「まことに かたじけなく ここに」と読むとのこと。

工産展覧会に花山うどんが出品され、会場がいっそう華やかになりました。ありがとうございます。

といった趣旨のようです。

 

 

感謝状

邑楽郡館林町 橋田藤吉殿

右者本會審査員トシテ花山饂飩ヲ陳列出品セラレ
會場ニ一段ノ光彩ヲ添ヘ候段誠ニ辱ナク茲に感謝ノ意ヲ表ス

昭和七年十月十七日

工産展覧會長群馬縣内務部長 正五位勲五等 九鬼三郎
工産展覧會總裁群馬縣知事 正五位勲四等 金澤正雄

 

昭和7年感謝状 (2)