2014/10/20

2013夏 五代目のうどん談義

(こちらは2013年夏カタログに掲載されたものです。)

 

昨日よりもおいしいうどんを目指して日夜奔走する
五代目 橋田高明が「花山うどんの今」を語ります。

 

 

目指すは日本一!

幻の復刻うどんでU-1グランプリに挑戦

 

 

dangi_2013s_1―メディアで紹介されているそうですが。

 

テレビ東京で放映中の旅番組「ドラGO!(DRIVE A GO GO!)」の上州麺街道特集で、花山うどんが紹介されました。都内の百貨店で物産販売中に「TVでみたよ!」と声をかけていただくなど、多くの反響を頂戴しました。地元、群馬県館林の名物「分福茶釜の釜玉うどん」の知名度アップに貢献できて、誇らしい気持ちでいっぱいです。

 

―麺つゆにも力を入れているそうですね。

 

様々なスタイルで味わって欲しいという思いから、とことん素材にこだわった麺つゆを開発しました。東急百貨店さんの夏ギフトとして、夏向けの三種類の麺と、紀州産南高梅を使った爽やかな梅つゆ、国産ごまをふんだんに使ったごまつゆ、オリジナルつゆが入って、9通りの味わいが楽しめる三涼麺セットを展開します。来夏には花山うどんのお中元カタログにも登場するので、ご期待ください。

 

 

―群馬県代表としてU-1出場が決定しましたね。

 

日本全国のご当地うどんが集結し、日本一を決定するU–1グランプリに出店します。厳しい審査をパスし、群馬代表として出場するからには日本一にならないと意味がない! そこで、戦前に製造していた幻の極太平打ち麺「鬼ひも川」を復刻した秘策メニュー「鬼釜」で勝負にうって出ます。激戦が予想されますが、私が命を賭けて作ったうどんが、讃岐や稲庭に負けるはずはありません。麺の質にこだわった渾身の一杯をぜひ食べに来てください。

 

dangi_2013s_2 dangi_2013s_3

 

 

 

花山うどんを共に支える制作者たち

 

五代目の男気に魅せられ命賭けで撮影  松本誠治(株式会社ナイスガイ フォトグラファー)

 

dangi_2013s_4最初の仕事は伊勢崎線各駅に掲出されるポスターの撮影でした。インパクトを出すために、丼を両手に持って仁王立ちする五代目を撮りました。気迫みなぎる等身大のポスターは、当時館林でも話題になりました。うどんを撮影する上で五代目から課せられた絶対条件は、輝くようなつやです。これがまた難しくて、最初は1ショットで3時間かかりました。カタログのうどん画像は入魂の作品ですが、実際のうどんは見た目を遥かに上回る美味しさです。ぜひ確かめてみてください。

 

 

 

一丸となって花山うどんを全国区へ  須藤高史(株式会社花山うどん 工場長)

 

dangi_2013s_5花山うどんに勤務して30年が経ちます。製造工程や、品質、在庫管理などを任されていますが、五代目に代替わりしてから商品開発やパッケージのリニューアルなど、常に新しい試みがあり、その行動力や統率力に感心しています。商品が増えれば、作業も細かくなりますが、自分たちの頑張りでお客様に喜んでいただけるなら、それでもう満足です。花山うどんはスタッフ一人ひとりが主役です。うどん作りへの姿勢や接客は誰にも負けません。花山ブランドを全国区にするのが私たちの願いです。