2015/06/16

2015夏 五代目のうどん談義

(こちらは2015年春夏カタログに掲載されたものです。)

 

昨日よりもおいしいうどんを目指して日夜奔走する
五代目 橋田高明が「花山うどんの今」を語ります。

 

 

東京ドームで開催された

ふるさと祭り東京2015に出店

 

 

dangi_2015s_1

 

―ふるさと祭りのイケ麺サミットに出店したそうですが

うどん天下一決定戦で食べた鬼ひも川が美味しかったということで、東京ドーム興行担当の方に全国から多彩な麺が集う新企画「イケ麺サミット」に出店してみないかとお誘いをいただきました。

 

―十日間という長丁場でしたね

今回、調理スペースが狭く、私と福地、小暮の3人が常駐し、群馬のスタッフが交代しながら8人体制で挑みました。お客様が途切れず休憩や食事がとれないという状況の中、IHコンロが故障したり、食材が足りなくなったりというアクシデントもありましたが、お客様からの「美味しいね」という声に支えられ乗り切りました。

記者発表の際に小倉智昭さんとEXILE USAさんにご試食いただき、撮影後に小倉さんから「本当に美味しい!」というお言葉を頂戴したのがよい想い出です。

 

dangi_2015s_2

 

―さらに幅広の超鬼ひも川が話題ですね

 

この冬、幅8cmの超鬼ひも川を開発し、高崎高島屋の催しにて1日限定20食でご提供したところ、即完売しました。鬼ひも川は舌の肥えたうどん通が集まる讃岐のイベントでも評価が高かったんです。うどんを愛する方たちのご支援で、鬼ひも川はうどん業界の定番になると確信しています。

 

 

 

dangi_2015s_3

 

―食事処に鬼ひも川用の器が登場するそうですね

全国からいらっしゃるお客様に目や舌で楽しんでいただきたい。お食事処花やまで親しまれているタヌキの器は館林の伝説に因んだ縁起物です。知り合いの益子焼作家さんにお願いしていた鬼ひも川専用のタヌキの器が3月中旬からお目見えすることになりました。福を呼ぶ器と共に群馬県産食材の味を楽しみにぜひ館林までお越しください。

 

 

 

花山うどんを支えるスタッフたち

 

花山うどんはのチームだと実感  福地悠太(株式会社花山うどん 飲食部 創作料理士)

 

dangi_2015s_4

ふるさと祭りでは調理から接客まで、ほぼ全ての作業を担当しました。緊張の連続でしたが、心が折れそうな時には必ず本社から応援が駆けつけてくれました。「花山うどんはチーム」という社訓がありますが、まさにその通りです。今後はカレー専門店で修業した経験と知識で五代目を支えていきます!

 

 

 

 

冬休み返上!フル回転で麺づくり  小暮拓也(株式会社花山うどん 製造部)

 

dangi_2015s_5

ふるさと祭りの準備のため、製造部は冬休み返上で工場に通いました。ハードな10日間でしたが、自分が作った鬼ひも川を召し上がるお客様の声を肌で感じられて感無量です。五代目はうどんに対して真っ直ぐな方です。入社してまだ9カ月なので学ぶことばかりですが、早く一人前になれるよう頑張ります。